永輝商事

小水力、風力、バイオマス発電

小水力、風力、バイオマス発電

小水力発電所

中小水力発電所 市場規模 稼働規模で累計23万kw今後の拡大が見込まれる
認定容量は79万KW
東伊豆町白田区にて49Kwの小水力発電所建設。2018年9月完成予定
計画的に河川への縦列設置を進める。年間2~3箇所の発電所を増設を目標とする。
コンセプト
• 小水力発電で地域防災と豊かな未来を実現
一般社団法人自然エネルギー推進会議(小泉・細川両首相)が脱原発で立ち上げた団体が発起人
• 水が落ちる時のエネルギーを利用し、水車を回す発電方法で、地域に根差した環境配慮型のエネルギーとして注目。
戦略
• 水量が安定した河川への設置、24時間安定的な売電が可能
• 河川に小水力を設置し運営することにより、その河川の水利権が既得権となる。
• 同一河川に複数の発電機を縦列設置することも可能なため、発電出力増大可能で安定収入。
• 地域住民・水利関係者へ収益から還元する。
• 地元自治体への貢献 
  災害発生時の電力源を供給、非常時の電源として、移動式地域給電装置の設置
可搬式の携帯バッテリーパック設置
• 企業のIR効果が高い 地域の安心・安全に配慮された小水力発電所での自然エネルギーを提供 
小水力発電所
バイオマス発電
バイオマス発電の種類
1,燃焼(木質バイオマス等)
1,燃焼(木質バイオマス等)

1,燃焼(木質バイオマス等)
木質バイオマスの発電方法
1,燃焼発電
1,燃焼(木質バイオマス等)

水蒸気で蒸気タービンを回すため、大量の燃料が必要。
2,炭化ガス化発電
1,燃焼(木質バイオマス等)

燃焼バイオマスの場合は大規模に成り、燃料も大量に必要な為、近年は炭化ガス発電に成ります。
Translate »