永輝商事

データ消去サービス

 
データ消去サービス

不要になったパソコンのデータを消去するには?

パソコンなどのハードディスクに記録されたデータは、OS(Windowsなど)上でデータ消去作業を行っても実際は、データの「管理情報」が消えるだけで、データそのものはハードディスク上に残ったままの状態となります。 特殊なソフトウェアなどで、復元・再利用が簡単にできるため、ご自身の個人情報や、企業情報、プライベート写真などが悪用されてしまう可能性があります。 世界中で個人情報の流出が起きている現代社会。トラブルを回避するためには、データを復活できないようハードディスクから全データを消去するソフトウェア使用するか、物理的に破壊するしかありません。弊社では格安のサービスをご提供いたします。

完動品(正常動作品)のデータ消去方法

完動品(正常動作品)のデータ消去方法

1. 本体消去装置にセットし、通電し起動チェック。
【注意事項】 » 情報漏れ防止のため、作業中に必ず施錠 » セットする前に顧客情報の表示されたシールを剥がす » 顧客情報は作業者が責任持って始末する 1. 本体消去装置にセットし、通電し起動チェック。
2. ハードディスクが正常かどうか確認。
3. 専用ソフトウエアで消去作業の実施
3.専用ソフトウエアで消去作業の実施
4. 通電不可または起動しないマシンのデータ消去方法
「通電不可または起動しないマシン」とは、物理破壊のご要望がある商品や起動不可若しくはドライブ欠損マシンのことです。
※「通電不可または起動しないマシン」とは、PCの起動不可、消去ソフトを使用するためのドライブ欠損、また、お客様より、ハードディスク物理破壊のご要望がある商品のことです。 そのままではデータ消去できないため、ハードディスクを物理的に破壊し、データにアクセスできないようにします。
5. 破壊作業の実施
5. 破壊作業の実施

データ消去専用ソフトのご紹介

1.  DataSweeper3 総合ネットワーク消去システム 参考URL https://www.a-d.co.jp/file/catalogue/ADC_DataSweeper.pdf 2.  DataSweeper3 Handy USB消去システム 参考URL:https://www.a-d.co.jp/file/catalogue/ADC_DataSweeper3_Handy.pdf 3.  CrushBox DB-30 Pro3物理破壊機 参考URL http://www.nittoh.co.jp/db25-2.html 4.  HDC-MT1500HG-SAS 外付けHDD集中消去システム

概要
米国国防総省DoD規格など、世界13規格に準拠した消去方式を標準搭載。グローバル時代に対応した世界標準のデータ消去システムです。(アドバンスドデザイン株式会社の製品カタログより抜粋)
対応機種
PC/AT互換機
対応ハードディスク
IDE/ATA、SCSIなど、現在使われているハードディスク形式
非対応のもの
RAIDやディスクアレイ、IEEE1394(iLINK)接続、USB接続、PCカード 接続のハードディスク
特徴
ハードディスクのモデル名、シリアル番号、容量、消去方式、消去の開始/終了日時などの消去結果をサーバー、USB起動可能媒体等に保存し閲覧可能。(Intranet版、USB版) さらに、 消去したパソコンは、起動ごとに消去ログを表示するので、消去した証明とパソコンの動作確認が出来ます。

消去方式一覧

ゼロ書込み方式
ゼロ値で書込み。上書き回数は1回から最大99回を任意に指定が可能
乱数書込み方式
乱数値で書込み。上書き回数は1回から最大99回を任意に指定が可能
乱数+ゼロ
書込み方式 乱数で書込み後、ゼロ値で書込み。
米国国家安全
保障局(NSA)方式 (*デフォルト) 固定値(FF)とゼロ(00)をディスク上の各バイトに書込み。 固定値(FF)⇒ゼロ(00)⇒固定値(FF)⇒ゼロ(00)。 書込み回数は3回
米国国防総省
(DoD5220.22-M)方式 ゼロ(00)と固定値(FF)と乱数をディスク上の各バイトに書込み。 ゼロ(00)⇒固定値(FF)⇒乱数。 書込み回数は3回
グートマン方式他
7種類に対応
  • ハードディスク
  • ハードディスク
  • ハードディスク
Translate »