HOME > PERSONAL

パソコン関連事業
    当社の取り組みデーター消去

    永輝商事のリサイクルへの取組

    —-› 永輝商事のリサイクルサービスの流れについてご紹介いたします。

不要になったパソコンのデータを消去するには?

情報機器のHDDに記録されたデータは、ゴミ箱に収納して「ゴミ箱を空にする」等の削除処理やHDDの再フォーマット(初期化)を実行しただけでは、データの管理情報が消えるだけで、データそのものはHDD上に残っています。

特殊なソフトウェアなどで、復元・再利用が簡単にできるため、ご自身の個人情報や、企業情報、プライベート写真などが悪用されてしまう可能性があります。

世界中で個人情報の流出が起きている現代社会。トラブルを回避するためには、データを復活できないようハードディスクから全データを消去するソフトウェア使用するか、物理的に破壊するしかありません。弊社では格安のサービスをご提供いたします。

  • 完動品(正常動作品)のデータ消去方法

    1. 本体消去装置にセットし、通電し起動チェック。

    【注意事項】

    » 情報漏れ防止のため、作業中に必ず施錠

    » セットする前に顧客情報の表示されたシールを剥がす

    » 顧客情報は作業者が責任持って始末する

  • 2. ハードディスクが正常かどうか確認。

  • 3. 専用ソフトウエアで消去作業の実施

    【作業手順】

    » 専用ソフトをセットして通電

    » BIOS画面でBIOSリセット(デフォルト状態)

    » 自動再起動してソフトの読取を始める

    » 第一画面で商品のスペックを記入してEnter

    » Menu画面でクリア選択してEnter

    » 全ドライブ指定してクリア

    » 消去方式選択(詳細はこちら)

    » 開始するのは”Y”、キャンセルは”N”

    » 消去開始(必ず消去回数を確認すること)

    » 消去終了。消去時間の記入し、消去シールに担当者のサインをして商品に貼り付ける。

    * 専用ソフト: 弊社では、アドバンスドデザイン社のDataSweeper(RITEA認定)を使用しております。

  • 4. 通電不可または起動しないマシンのデータ消去方法

    「通電不可または起動しないマシン」とは、物理破壊のご要望がある商品や起動不可若しくはドライブ欠損マシンのことです。

  • 5. 破壊作業の実施

    【作業手順】

    » 商品から記憶媒体(HDD・記憶RAM)を外す

    » 単品ごとにドリルで穴あけ作業実施

    » 単品の商品シリアルナンバーを控える

    » 作業終了品を撮影して、消去証明とする

    » 消去証明書を作成

    » 破壊作業終了

  • データ消去専用ソフトのご紹介

    - 概要

    米国国防総省DoD規格など、世界13規格に準拠した消去方式を標準搭載。グローバル時代に対応した世界標準のデータ消去システムです。(アドバンスドデザイン株式会社の製品カタログより抜粋)

  • - 対応機種

    PC/AT互換機

  • - 対応ハードディスク

    IDE/ATA、SCSIなど、現在使われているハードディスク形式

  • - 非対応のもの

    RAIDやディスクアレイ、IEEE1394(iLINK)接続、USB接続、PCカード 接続のハードディスク

  • - 対応OS

    メモリカードクリア時の対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。

  • - 特徴

    ハードディスクのモデル名、シリアル番号、容量、消去方式、消去の開始/終了日時などの消去結果をサーバー、USB起動可能媒体等に保存し閲覧可能。(Intranet版、USB版)
    さらに、 消去したパソコンは、起動ごとに消去ログを表示するので、消去した証明とパソコンの動作確認が出来ます。

  • 消去方式一覧

    - ゼロ書込み方式

    ゼロ値で書込み。上書き回数は1回から最大99回を任意に指定が可能

  • - 乱数書込み方式

    乱数値で書込み。上書き回数は1回から最大99回を任意に指定が可能

  • - 乱数+ゼロ
    書込み方式

    乱数で書込み後、ゼロ値で書込み。


  • - 米国国家安全
    保障局(NSA)方式
    (*デフォルト)

    固定値(FF)とゼロ(00)をディスク上の各バイトに書込み。
    固定値(FF)⇒ゼロ(00)⇒固定値(FF)⇒ゼロ(00)。
    書込み回数は3回

  • - 米国国防総省
    (DoD5220.22-M)
    方式

    ゼロ(00)と固定値(FF)と乱数をディスク上の各バイトに書込み。
    ゼロ(00)⇒固定値(FF)⇒乱数。
    書込み回数は3回

  • - グートマン方式他
    7種類に対応